若い時は結婚指輪にかなり憧れました。
芸能人の会見や雑誌で見る結婚指輪に自分の理想を重ねて、いつか私も旦那様になる人と二人で結婚指輪を選びどんな指輪にするか?結婚指輪は毎日つけたい派だから死ぬまで絶対に夫婦仲良く結婚指輪はする!と心に決めていました。
主人も指輪をする事に抵抗のある人ではなかったので結婚式で指輪の交換をした日からは、一度もはずすことなくずっとつけてくれています。
でも?最初の結婚の約束を交わした日から誓いを守り続けているからつけてくれているのかと言うとそれは違います。
それに、私はと言うと、二人目の子供を身ごもった時に身体と一緒に指にまで脂肪がつき左手薬指に収まっていた結婚指輪は脂肪に埋もれて危うく抜けなくなりそうに…。
慌てて何とか指輪をはずすことには成功しました。妊娠中は諦めて指輪をタンスの中に大事に保管しておきましたが…無事に出産を終えて数ヶ月後、そろそろ結婚指輪を私の左手薬指に戻そうと思ってチャレンジしましたが全くダメで諦めました。
その後も何度かチャレンジしましたが指輪ははまりません。
結婚指輪を選んだ当初は私の指のサイズはスラッと細くて松田聖子さんと同じ7号サイズでしたので、それがちょっと自慢でした。
周りからも『細いね~』なんて言われていましたのでまさか…指がそんなに太くなるなんて思いもしませんでした。
最初はいつか元の指の太さに戻ると思っていましたがいつしか諦めが…。
それで、指輪を伸ばして少し大きくしてもらえないかと相談に行ったのですが、私達の指輪は金でプラチナをサンドしたものなのでサイズを伸ばすことはできないタイプだと言われてしまいました
。『痩せるしかないのか…。』数年前から指輪をはめて見ることもしなくなりました。
主人は未だに指輪をつけ続けています。でも理由が『太ったから指輪がもう抜けないんだよね』なんて言っています。
愛を誓う指輪の結末はこんなものなのでしょうか?